新子安にあったプロミスと今の状況まとめ

新子安、子安エリアでプロミスを探すと1件実はあったのですが、
今は既に閉店となってしまっており使えない事実が判明しました。

昔あったのが【プロミス 第一京浜新子安自動契約コーナー】という名称で、
住所的には横浜市神奈川区子安通2丁目276番6号、、、
これ、新子安駅の前にあって便利ではあったんですよね。

ですが今はありませんので代わりに使えるであろう、この辺で最も近いのが戸塚駅前にあるプロミスとなります。
但しかなり人目に付くところなのでそういう意味での注意は必要になります。

※2018年現在、新子安から一番近いプロミス・・・鶴見東口自動契約コーナー
横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2 シークレイン2F
営業時間:契約機なら9:00~22:00まで、ATMなら7:00~24:00まで

で更にいうと、この新子安から一番近いプロミスは最初の申込みの段階ではまだ行く必要すらありません!
意外ですか?これ?
だって、最初の申込みから書類提出、契約まで全部ネット上だけで出来てしまうから。
パソコンが無くてもスマホ1台あればお金を借りられてしまいます。
それに銀行振込で借りるならATMの利用すら不要なので極論一度もプロミスATMのお世話になることなく、この金欠を凌げてしまうんですね!

現状、最もおすすめの新規プロミス利用方法

基本的に申込みから借り入れまでほとんどネットと電話で終わらせるイメージで良いと思います。
店舗とかには行きません、これ大事です。

ではまず普通にプロミス公式サイトから借り入れの為の審査を依頼します。
最初にこちらの情報を入れてください。
その後、プロミスの担当者から電話が来ると思いますので、そしたら身分証明書を提出します。
提出と言っても運転免許をカメラで裏表撮影し、そのデータを専用のページからアップロードするだけでOK。
めっちゃ簡単です。

で、ここまでやったらあとはプロミスから勤務先に在籍確認電話をし、
OKということであれば契約をして終了です。
契約と言っても重要事項の確認とキャッシング枠の確定をするだけです。

今の時代、プロミスの申込みっていうのはこれだけ簡単になっているんです。
それなのにATM探したり自動契約機探したりって効率悪すぎですよね!
しかもネットなら誰にも見られない=バレないのでその点でもおすすめの方法だったりします!

プロミスの申込申請時に、収入証明書として添付される事が多いのが、収入が記されている給与明細書です。諸事情でこれが出せないという方は、証明書の提示が不必要な銀行カードローンを推奨します。
消費者金融にて取り決められている「収入証明書を提出しなければならない金額」というのは、絶対条件として提出しなければならない金額であって、それより下の金額でも、人によっては提出が必要不可欠となります。
最近注目されることが多いおまとめローンの企図するところは、多重債務をまとめ、今よりも低金利のローンに借り換えをして返済総額を減らすことにありますので、その点を意識したローン業者選びが重要です。
本来なら時間がかかるはずの審査がすばやくスタートされる便利なキャッシングの申込方法と言えば、オンラインで行える申込です。キャッシング契約に使う書類もインターネットを介して即座に送信できるので、申込が終わった後すぐに審査がスタートされます。
審査を通るのが比較的ハードである銀行が管理しているフリーローンは低金利なので、消費者金融が市場導入しているフリーローンを利用した時と比較すると、相当返済総額を縮小することが可能となっています。

『即日融資』と触れ込んでいても、申し込むローン業者により、即日に資金準備できる時間帯がまちまちなので、事前にその時間帯を周知してから動くようにしてください。
銀行が取り扱っているカードローンは、概ね300万円までの範囲内なら収入証明書は準備不要となっているのを知っていますか。消費者金融と比べてみても、その点では手間が不要だと言えます。
キャッシングの申込方法としましては、電話にて行なうものと郵送にて行なうものの2種類があるわけですが、現在はパソコンや携帯などを使って、オンライン経由で申込申請をするという方法が大半を占めています。
消費者金融でお金を借りるという時でも、借り入れの金額によっては収入証明書は無用です。全国規模の消費者金融だったら、大体50万円を超えない貸付なら、必要とされません。
融資にあたり、収入証明書を必ず出すようにと義務づけているのは平成18年に定められた(改正)貸金業法なので、消費者金融にてキャッシングを申し込む場合は、収入証明書の添付が必要になるのです。

カードローンの審査で見極められるのは今の収入とかキャリアですが、今日までの借入がマイナスポイントとなることも珍しくありません。以前に借りていた事実は、JICCや全国銀行協会などで確認可能なので、誤魔化しようがありません。
大きな消費者金融などでは30日間にわたって無利息になるサービスがありますが、いいところ新規契約から一ヶ月間だけですし、トータルで見れば低金利が継続される銀行が展開しているフリーローンを選択すべきです。
基本的にどんな金融機関であっても、お金を借りることになった場合は審査がありますし、その審査事項のひとつとして本人確認をするための在籍確認は必ずなされると思っていた方が賢明でしょう。
プロミスの審査で重視されるところは、きちんとした稼ぎを得ているかいないかです。審査は昔より厳格になってきているようで、フリーターとして働いている人などは審査を通過できないケースが多いと聞きます。
どの業者のカードローンを選択するべきか比較しようと思ったときに、認識しておくべき点は「無利息期間はどの程度なのか」、「即日キャッシングができるかどうか」、「収入証明書を持参しなくてもローンを組めるか」です。