消費者金融で1000万円超えしたいとこ。親戚からも敬遠され。。。

これは私のいとこの話なのですが、数年前に消費者金融での借り入れが発覚しました。
それも複数の会社からで数百万づつ。
おそらく借りては焦げ付き、借り手は焦げ付きを繰り返したものと思われ、合計で1000万近い金額にまで膨れ上がっていました。
本人には返済能力はなく、自己破産をしないとどうにもならないような状態でした。

ですが、親が息子の将来を心配し、結局すべて肩代わりして返済したそうです。親バカと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、自己破産をしてしまうと所有資産も全部売り払わなければならない、勤務先の会社にも迷惑がかかったり評価が落ちたりするかもしれない、この先結婚を考える相手ができたときにどうするのか、住宅ローンや車のローンも組めない…などさまざまな弊害を考え合わせた上での苦渋の決断だったようです。正直私は「甘やかしてるな~、親がお金持ってて良かったよな~社会をなめてるな~」と思いましたが。

でもこの件があってから、なんとなく親戚一同でその一家を敬遠するようになり、今ではだんだん疎遠になってしまいましたね。考え方が違う、というのが浮き彫りになった気がします。自業自得、因果応報というのがぴったりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です